pickup
魚沼の畳の表替えのお客様に工事後に付け加える一言とは?除湿です!

当店ブログを訪問頂ましてありがとうございます!
お客様のご不明やご相談がございましたら下の問い合わせフォームのリンクからお問い合わせください。または、お電話にてお問い合わせいただければと思います。

スマホからお電話の方はこちらをクリック!

お問い合わせフォームは、こちらをクリック!

 

やっと、いい陽気になってあの豪雪が嘘のようにどんどんと雪の塊が融けて桜も見ごろを迎えています。一番素敵な季節ではありますが6月から7月にかけて畳屋を泣かせる季節がやってきますので、当店では1年を通して部屋の湿度についてはお客様にはしつこいほど説明をさせて頂いています。毎年1件はどうしても梅雨時期から梅雨開け後に畳表のカブレ(カビ)についてのご相談を頂きます。一年を通してカビ防止の対策についてお客様には熱心に説明をさせて頂いていますが、お客様の家屋の立地や家屋の周りの環境もそれぞれですので少し怪しいなと思われるお客様には特に和室の除湿の大切さについて説明しています。
カビ対策・予防は、こちらからご確認ください。

実は新築住宅ほどカビが出やすいです!

あるハウスメーカーさんも新築したお客様からのカビの発生についてのご相談を頂いた結果、熱心に色々調べた上で私の方にも畳表からカビが出てしまう原因と予防についての連絡を頂きました。私も独自で調べて参考となるアドバイスをさせて頂きました。折角お客様が大きな買い物をされるのですから綺麗な新居が出来て終わりではなくて、しっかりとした住宅の色々な部材や畳のメンテナンスについても知っていただかなければなりませんのでお客様には分かりやすい言葉を選んで「簡単にカビ対策の予防は出来ますよ」とご説明させてもらっています。どうしても若いご家庭の場合は共稼ぎで家も留守になりがちですので、いくら天気が良くても窓を開けっぱなしに家を留守にするわけにもいきませんので仕方がないので私たちも後々お客様にイヤな気分をして頂かないために時には強く説明させてもらうこともあります。すべてはお客様の為になることですから。

現代の畳の構造と近年の異常気象もカビの原因ではないでしょうか?

また、新畳にしても畳の張り替えにしても、今は化学建材の畳床(畳の芯)がメインですので昔ながらの藁床とイ草の組み合わせが激減していますので、どうしても今流行の化学建材の畳床とイ草の畳表の組み合わせだと湿度の高い時にはイ草の畳表のみで湿度の調整をしようとするので、どうしてもイ草だけでは限界があります。そこで使って頂きたいのがエアコンのドライ運転なのです。本当は除湿器で湿度自体を目で見て溜まる水分量で確認して頂きたいのですが、新築住宅では各部屋ごとにエアコンが設置していますのでドライ運転をして頂ければと思います。数年前から去年につきましても暑い日が続いた後、雨が少しだけ降ってしまい涼しくなるどころか蒸し暑くなってしまう日が多ったです。これでは余計に高湿度が維持されてしまいカビの発生を促進させてしまう要因になりますので、そこに優秀な家電などを十分に活用して頂きたいと思っています。今まで忙しいお客様にご帰宅後「今日は蒸すな」と感じられたら就寝前か就寝後タイマー設定で1~2時間ほどドライを使ってみてはとアドバイスしたところその後、カビについての畳でのご相談は無くなりましたので是非おススメしたいです。

無料で包丁やハサミの研ぎサービス実施中!!

当店で各種工事をして頂いたお客様にもれなく奥様がお使いの包丁やハサミの無料研ぎサービスを実施しています。 好評につき今年も引き続きこのサービスを承っております。通常なら包丁1本500円ですが当店で畳・障子・襖の張り替えや内装工事をご利用して頂きましたお客様は包丁1本500円が⇒0円で切れる包丁に仕上げてお返しいたします。この機会を是非ご利用ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 もし、今回の記事をお読みいただきまして気に入って頂けましたら ランキングのクリックやSNSのフォローをお願い致します。 皆さまのご意見がとても励みになりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
クリックお願いします↓↓↓


 
おすすめの記事