柳瀬畳内装 025-792-0913 までお気軽にお問い合わせください!
<柳瀬畳内装> 025-792-0913までお気軽にお問い合わせください!

柳瀬畳内装でございます。当店ブログを訪問頂ましてありがとうございます!
お客様のご不明な点やご相談がございましたら下の問い合わせフォームのリンクからお問い合わせください。または、お気軽にお電話でのお問い合わせもお待ちしております。

スマホからお電話の方はこちらをクリック!
お問い合わせフォームは、こちらをクリック!

 

今日のトピック
冬の風物詩として親しまれいるイベントで2月12日開催予定でありました魚沼国際雪合戦大会が、全国的な感染拡大で中止になってしまい本当に残念でした。私も魚沼市の中心部に住んでいますので残念です。私の町内では当日の夜に雪の中に穴を小さな掘ってカップに中に火をともした蝋燭を入れて小出ならではの当日だけ、一晩だけ町の通りを灯しますが、とても幻想的な光景になるのでいつも写真を撮ってご紹介しています。今年もその綺麗な光景に浸れておりました。

魚沼市や湯沢町のマンションのクロス工事は柳瀬畳内装にお任せください。

先日から、湯沢のマンションの内装工事に入っています。今回の内装工事は塗装してある壁にクロスの施工をということで入らせていただいています。その他の部屋については通常のクロスの張替え工事でございました。塗装面ですので直接クロスを貼ることはできませんので、塗装面に下地処理をしましてクロスが貼れるようにします。こういうクロス工事につきましては前に書きました記事を参考いただければと思います。(繊維壁・漆喰壁・塗装壁に壁紙を施工!詳細はこちらから)

今回は、塗装面でしたのでシーラーを塗装面に塗布しまして塗装面の下地を平らにするためにパテと呼ばれるものでクロス面を平らにしていきます。

クロス工事

シーラーを塗布

クロス工事

パテ処理中

クロス工事
 こう言った壁の場合は、クロス施工の際普通のクロス施工と違い多少手間が掛かります。1枚のクロスは幅が約90cmですので広い部屋の場合多くの継ぎ目(ジョイント)がありますので、その継ぎ目1つ1つに和紙テープというテープを入れてジョイントを押さえて行かなければならないので、通常のクロス工事と違い時間と手間が掛かります。

ジョイントが多ければ何十本何百本とこの和紙テープを入れてジョイントしなければなりません。これを入れずにジョイントしてしまうと、いずれジョイントが離れて目立つようになっていきます。モルタル下地の場合何年もたたずにジョイントがめくれてきますので、こう言った壁の場合は最初の施工の良し悪しでその後の仕上がりに大きな差が出てきます。この作業が必要な壁は以前ブログで紹介させて頂きましたが、今回、紹介させていただきました塗装壁のほかに、京壁・漆喰壁・繊維壁などがあります。それぞれの壁で特徴が異なりますので、その特徴に合わせて施工する必要があります。

 

クロス工事

 

無料で包丁やハサミの研ぎサービス実施中!!

当店で各種工事をして頂いたお客様にもれなく奥様がお使いの包丁やハサミの無料研ぎサービスを実施しています。 好評につき今年も引き続きこのサービスを承っております。通常なら包丁1本500円ですが当店で畳・障子・襖の張り替えや内装工事をご利用して頂きましたお客様は包丁1本500円が⇒0円で切れる包丁に仕上げてお返しいたします。この機会を是非ご利用ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 もし、今回の記事をお読みいただきまして気に入って頂けましたら ランキングのクリックやSNSのフォローをお願い致します。 皆さまのご意見がとても励みになりますので、どうぞ宜しくお願い致します。
クリックお願いします↓↓↓


 
おすすめの記事